花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢魅-ユメミ-

Posted by 姫璃 on   0 comments

夢を見たの。

夕闇の部屋で花が散り、萎れて
胸の痛みと、酷似した嘘を
手を繋いで隠す、貴方の姿

そして言うの。
「君が好きだよ」と



何時からだろう
この未来を嗤うように
嘘を重ねて来たのは

見ない振りしてきたの。
それは何かから逃げるため。
自分が傷まないように

あの日の夢を見た

夕闇の部屋で花が散り、萎れて
胸の痛みと、酷似した嘘を
手を繋いで隠す、貴方の姿

そして言うの。
「君が好きだよ」と

信ジテルワ。
心の中で呟いても
乾いたままのココロは
真実(ホントウ)を知っているのに

夢を魅たいの。
最初に貴方と出会った時のユメは。
甘い蜜のユメ。
でも私はしってるの。

そして言うの。
それでも言うの。

「信じてるわ。」と



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。