花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my cat

Posted by 姫璃 on   0 comments

悲しい事があった日は
一人暮らしが嫌だなって思う。
貴方が居た時は帰るのが恋しく
こんなにもblueじゃなかったのに

貴方がいなくなって
私の心の中に、一つ穴が空いた
どんなに手を伸ばして
鳴き声まねても
貴方はそこにいない。


朝が来ても 夜が来ても
不思議と感覚はなく
毎日がぐるぐると 目まぐるしく周るだけ

どんな時も一緒にいた
貴方がもういない。




朝目を覚ますと
おはようと言っては
何かしら、ねだってた。

そんな貴方が居ない朝を迎えるなんて
思わなかったから
とても悲しくて
貴方の匂いも、大好きなモノも
まだこの場所に残っているのに

貴方だけが居ない
そんな日々なんて  来ないと思ってた。

寂しがりやなんかじゃないって
ずっと思っていたけど
貴方を失って初めて気づいた気持ちがある。

貴方の声が
仕草が、今はとても恋しいよ
ワガママでもいいから傍にいてほしいよ

こんな綺麗な空の日は
悲しくなってしまうから
傍にいてほしいよ…。


貴方がいなくなって
私の心の中に、一つ穴が空いた
どんなに手を伸ばして
鳴き声まねても

貴方は、もういない。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。