花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の雨

Posted by 姫璃 on   0 comments   0 trackback

冬の ある朝に私は言いました
もしあなたがこの雨に打たれ  震えたなら
それは私の心の震えなのだと
この空が放った滴の数は
私の思いの数なのだと


遠い昔に貴方に告げた
愛の言葉は今も  この心を縛り付けます
誰を愛すこともなく  ただこの心の奥の奥
貴方への愛だけが残っています

貴方はさよならと言うた
私の心は言えのうた

それだけなのに
それだけなのに…

冬の ある朝に私は言いました
白いヴェールを纏ったあなたに

お幸せに
お幸せに・・・と。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akuinakiyuugi.blog98.fc2.com/tb.php/190-98fdec97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。