花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溺愛花

Posted by 姫璃 on   2 comments   0 trackback

罪が消せずに足掻く  あたしは何所に行くんだろう
貴方にさよならを言うのは  幾千の思いへの裏切り
何にも変えられない愛が其処にあるから
さよならを言うなんて嫌だよ

貴方を見て咲いた
あたしは今、貴方の傍にいたいと願ってる
誰よりも先に伝えたい思いが其処にあるから
この手を放さないで



貴方を愛すほどに 
汚い自分に気づいていく
何度も呟いた「ごめんね」の数を
貴方は笑って許していた

きっと幸せになれる
それしか願えない  悲しいほどの愛を
どうかどうか―

貴方を見て咲いた
あたしは今、貴方の傍にいたいと願ってる
誰よりも先に伝えたい思いが其処にあるから
この手を放さないで



悲しいほどの愛を
溺愛と呼ぶなら  あたしは溺れた愛の中
貴方の傍に咲く  溺れた愛の花
悲しいほどに  この愛は咲き続けてる

代わりのない愛を求めて
強く咲いてる

悲しいほどの愛を
溺愛と呼ぶなら  あたしは溺れた愛の中
貴方の傍に咲く  溺れた愛の花


Comment

BUG says... ""
読んでたらバックサウンドで静かなピアノの音色が…(黙
特に悲しい内容では無いのだけど
しんみりとなる何かがこの詩に込められてる気が・・・
もしかしたらこの詩で曲作るかも(

2008.03.01 00:37 | URL | #- [edit]
海月 真璃亞 says... ""
ふふ、気に入って頂けてうれしい限りです!
私の詩は一言頂ければ、基本提供は可能なのでどんどんどうぞ^^
2008.03.03 21:18 | URL | #FYNxDbdY [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akuinakiyuugi.blog98.fc2.com/tb.php/163-454f873d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。