花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「友達」ってなんだろう。

Posted by 姫璃 on   3 comments   0 trackback

嫌いな自分に出会うとき
大好きな自分に出会うとき
私は悩み、笑い、そして闘っている。

最近、自分のイケナイ所が見えるようになり。
同じぐらい、自分の周りのことが少しづつ見え始めてきた。
見えないことの方が幸せなのか、否なのかはちょっとわからないけれど…。


(長文&ブルーめなので嫌な人は続きは読まない方がいいです(汗))

物事が山のように自分の手元に降りかかってくる。
最近は少しづつ、回避しようと試みてみる。
でも何故か失敗に終わったりする。

きちんと、嫌なら嫌って言ってしまえばいいのだけど…
ちょっと断ると、まるっきり相手もやってくれないから、結局手を出してしまう。

今日の三送会の準備も、そうだった。
そういえば、企画を持ってきたのがKさんとSさんだったのに
いつの間にか私が中心の動きに変わってしまっている…かも。
まぁそれは全然かまわないのだけれど…。

「も~いいよ。めんどくさい。」

と相手に言われた時はちょっとムッとした。
企画を持ってきた相手にその言葉を言われるのが不思議でしょうがなかったし、普段は仲が良くてもコレにはムッとしました。

だから、私はちょっと気分が悪かったので、「あ、そう。」と言ってさっさとその子の場から離れてしまった。なんだろう。ガッツ入ってるの私だけ?っていう気持ちだったかもです(汗)三送会では二種目出し物をすることになったのですが、今日のコンサートを終えたらあと一週間後は三送会なのです。なので、朝も昼休みも皆が練習する為の準備をしなければいけないのですが・・・。

当人の二人は、やっとコンサートが終わったので、得意なボールゲームで昼休みは遊びに行きたい。と言ったのです。私は、「ちょっと、三送会が終わるまでは…準備するものがあるし、やってほしいこともあるから、ちょっと悪いのだけど、昼休みの時間くれないかなあ?」と言ったのです。

すると、「え~?ヤダよ~。せっかくコンサート終わったんだし…。」
しかし、昼休み後の授業は三送会の練習が入るため、その前に準備をすべきだと思っていた私は、「それでも、この後はいろいろ教えなければいけないし…準備もしておかないと。」と言うと、例の言葉を言われたわけですorz

私は心の中で大いに叫びました。
「ふざけるな。」とorz
だって、参加する生徒が2学年全部なのですよorz
私一人じゃ限界だってあるし、現に今も私一人で居残って暗くなるまで頑張っているというのに・・・。何かそう思うと、正直泣けてきました。

もう応募もしてしまい、プログラムにだって載るのだから、引き返すことなんてできもしないのに、「めんどくさい」の一言で準備もしないなんて何様!?というか私は便利屋さんか!?とかなり心の中では怒っていました。

そして、正直ちょっと悲しかったのです。
『友達だというのに、協力してもらえない?』そう思うと。
この生徒の中で何人が私を友達だと思ってくれ、何人が私を便利な人間だと思っているのでしょう?確かに、断りきれないで抱えすぎてしまう私の性格も災いしているのだとわかっています・・・。

ただ、けして「めんどくさい」などと言わないだろうと思っていたのです。
それを言われた時、私はすごく複雑な気分になりました。
これで二人目だったからです。一人は友達だと思った男子に。もう一人は女子に。
何故か、自分に対する「友達」と思う心を傷つけられたような気分になりました。
都合の良い友達になんてしてほしくないのに、結局はそうなってしまっているのではないか。

ぶっちゃけて言えば、私は周りが思うほど余裕なんてモノはないのです。
家に帰れば死んだように疲れて、家族に零すときだって少なくないし、自分が抱えすぎてしまう癖が嫌で自己嫌悪にもなるし、周りと同じように、めんどくさいことが嫌いです。

でも、結局は誰かがやらなければならなくて。
そして私がたまたまそれをやっているだけにすぎないのです。
でも私だって一人でなんて無理です。周りに手伝ってもらわなければ。
助けて貰えないというのがどんなに辛いか。

先生に、「周りに手伝ってもらったらどうだ?」と言われました。
私は周りに頼んでいないわけではありません。
頼んでも、断られるのです。

私は周りと同じように、「じゃあなんで私は一人でこんな面倒くさいことしてんのかなぁ…。」と思いますが、一度企画に参加すると言った以上、いい加減なことはできないのです。逆に、いい加減にしてしまったら、そのことで私は自分を責めてしまうでしょう。

そう思うと、八方塞がりになってわからなくなります。
結局は、私が怒って叱り飛ばさないとわかってもらえないのでしょうか。
最近、友達と喧嘩ばかりしているような気がします…。


Comment

BUG says... ""
何ならその心境を公の場に出してみてはどうでしょうか?
相手もこっちの苦労が分からないから
1日ぐらい遊んでもいいだろうと言う考えを持つのではないかな?
それを伝えてもしないと言うのならこちらからお断りするべきだと思います
そうすれば真璃亞さん自身の負担も軽くなるし、相手も事の重大さを分かると思いますよ

まぁきれいごとを言ったような気もしますが(黙
たまには強く言う事も大切だと言う事です
…真璃亞さんって何かうちの母に性格が似てるんだよねorz(オマ
2008.02.28 05:41 | URL | #- [edit]
海月 真璃亞 says... ""
長文ありがとうございます♪
今日も結局五時半まで学校に残ってずっと制作をしていたのですが、今日は同じクラスの二人を捕まえてなんとか仕事してもらえましたorz

私は押しが弱くて…。
本当に直さなくちゃとおもっているのですが;
でも、やってくれたおかげで大分はかどったので、終わりそうです。

私の学校は障害を持つ人だけの学校なので、重度の障害を持った人はまず作業をすることが難しく、また軽度の障害を持つ殆どの人が、事情があって寮での生活を強いられている人が多いので、学校に居残ることができないのです。すべての人たちの中では、私ぐらいしか残ったり
することができなくて、ちょっと困っているのです。
逆に、だからこそ頼られる頻度も多いのです(汗)
普段の休み時間は全て練習に回っていて、後は授業くらいしかないので、結局は裏作業は放課後になるのですよ…。

今日はKさんに言ったら、手伝ってくれました。
なんとかこれで状況を打破できればいいのですが…。
私も少し、強く言えるような人にならなければ…ですね;


2008.02.28 19:22 | URL | #FYNxDbdY [edit]
フィアナ says... ""
私もどちらかというと「だれかがやってくれるだろ…」と考えてしまいがちなので、余り偉そうなことはいえないのですが…

だけど、「助けて」といわれれば私だって手伝いますよ。そこだけは人の良心の問題なので、真璃亞さんがどうこうできるようなことじゃないです。できることは「助けを求め続けること」と「嫌なことは嫌ということ」だと思います。それを忘れなければ幾分かはマシになるはずです。

人手不足のほうはなんとかなりそうですけど、言いだしっぺが人任せにするのはいかがなものかと。
いっそのこと、それ関係は一切手をつけない、という強硬手段に出る必要もあるのではないでしょうか。引き返せないのなら、やるしかないのですし。
2008.02.29 16:13 | URL | #1Cm5Xbjo [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akuinakiyuugi.blog98.fc2.com/tb.php/162-713da84a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。