花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチテスト・・・&不安・・・。

Posted by 姫璃 on   3 comments   0 trackback

皆様、こんばんは☆
今日は、学校をお休みして。。。
三鷹の杏林まで、パッチテストに行きました。
実は私は、金属アレルギーなのですが、どの金属に反応するのかが、今までわからずにいたのです。これから社会にでると、金属を身につけないで生活をするのは難しいし、色々と不便であるため、自分が大丈夫な金属、ダメな金属を検査するために、わざわざ遠い三鷹の大学病院まで行ってきたのです。

最初に受診したのは、8月の終わりでした。
受診したときは初診だったので、一日がかりの診察になったのですが、行ったその日にできると思ったら、『暑い時期は汗をかくから、できない。』と言われて、予約が今日になったのです(汗) 何はともあれ、パッチテストをしてきたのですが、家に帰ってから風呂はダメと言われ、兎に角汗をかく行為もダメだと言われ、学校に行くこともできず、ましてや痒さと戦いながら数日を過ごさねばならなくなりました(´・ω・`)ショボ

でも、これを乗り越えれば、自分の大丈夫な金属を知ることが出来る・・・!と心慰めて、痒さとも戦っていこうと思います(汗)けど、お陰で長く学校を休むことになりそうで大変です・・・。

『続きを読む』は私の今の悩みをちょっと語ります。
少しブルーかもしれないので、読んでもOKな人だけお願いします~♪


とうとう、今月の終わりに愛の手帳の申請に行くことになりました。
所謂、障害者手帳なのですが、とても決心のいる決断でした。
まだ認定されるかもわかりません。特に私のような境界線児は。
でも、私にとって、生きるための糧となるなら、取ろうと思います。

私のような軽度と言われる人は、障害者枠から見られるととても出来る、知能が高いと見られるんですね。でも、通常の人からは劣って見られて、障害者であると言われるのです。法律で、IQテストを個人で行ってはいけない。とあります。だから皆さんは多分、自分のIQとか知らない人が多いようですが、常人の人は大体100以上あるのだそうです。逆に言うなら、障害者と判定されるのは70。私はと言えば、二年前の判定で80でした。微妙な位置にある、境界線の部分であるため、医者はこういう人たちのことを『境界線児』と呼びます。物凄く、扱いが難しい、日本ではまだ対応しきれていない分野なのだそうです。

私はと言えば、自分の自我が確立されたのが小学生5年ぐらいのとき。
それまでは、床に寝そべって奇声を上げたり、店先に行くと親を探して大声をあげるなどの異常症状があったそうです。今は、自分の意思がきちんと出ているので、そのようなことはまったくありませんが、非常にあやふやな状況でもあります。なるべく、私なりの精一杯の努力をして、周りに迷惑をかけない立派な社会人になりたいと思うのですが、やはり病気があることに変わりはなく、普通の人よりは出来なかったり、失敗をすることもあると思います。そう言ったときに、助けてくれるのが、『愛の手帳』と呼ばれる補助制度なのだそうです。

しかし、親も私も物凄く悩んでいました。
愛の手帳を取ると言う事は、障害者であることを認めること。
母は、自分の娘の将来の結婚などに響くのではないか、と考えて、中々手帳を取る決断が出来なかったそうです。好きになってくれた相手は良い。その相手は娘の事情もわかった上で認めてくれてるのだから、それは良い。でも、相手の親族はどう思うか。悪気が無いにせよ、自分の息子の嫁が障害を持っている、苦労することがわかっている、そうしたらその時、自分の娘はどう思われるんだろう。自分の娘はどう言われてしまうんだろう。母はそんな悩みを打ち明けていました。

私も、正直それを考えました。
例えば、自分が好きになった人や親族に、嫌でも迷惑をかけてしまう。
そうなったら、どうしよう?そして、もしそのとき、相手の両親に拒否されたらどうしよう。
そう考えたりもしました。まだ早すぎる、と皆さんは思うかもしれませんが、私はあと一年で、社会人になります。20歳にはまだならなくとも、社会に貢献する人間であるということは変わりません。当然、世間だって私を大人だと見るし、私も学生の時とは違う、社会人として生きて行かなきゃならない。そして、自分の負った障害とも向き合って行かなければならない。中には良く思わない人も居る。影で何か言う人もいるかもしれない。私はそのとき、強く生きていけるだろうか。そんな事にも負けずに、生きていけるんだろうか。

でも、社会に出て直ぐはきっと、世間の厳しさを知ってズタボロになるだろうなんてことは、わかっているんです。世間はそんなに甘くないし、まず知るのは厳しさからだとも思います。
その時になったら、絶対に頑張らなければいけない。でも、とてつもなく、怖い。けれど、絶対に逃げたくない。色々な感情が、卒業が近くなっていく度に、感じてゆくのです(汗)

正直に言っちゃえば、不安です。
きっと私は障害を持つ分、誰よりも甘やかされて生きた人間かもしれないから。
ちゃんと自分の足で立っていけるのか、正直怖いのです。だから、不安を消そうと一生懸命何かに取り組むけれど、それがちゃんと出来ているのかどうかもわからない。心の中では、『徐々に出来るように、頑張ればいい。』と思っても、不安で不安でしょうがなくなる。でも私の学校に通っている人は、きっと全員、こんな風に思ってる。だから私も頑張りたい。此処で折れてしまいたくないって、強く思うのです;



なんか暗い記事になってしまったのですが、私が今思い、ぶつかる壁なのです(汗)
どうか皆さん、暖かく見守っていただけるとうれしいです;
明るい記事ばかりではないけど、ちゃんと見てくれる皆さんが、とてもありがたいです。
これからも、どうぞよろしくおねがいします^^

Comment

フィアナ says... ""
検査、ご苦労様でした。
何日も汗をかかず、しかも痒みを我慢しないといけないなんて、私には到底無理です。というか、クセで考え事をする時は頭とかをかくのでなんもできないでしょうね。

障害者については、私自身、そうゆう方々(ほぼ同年齢)と交流する機会が何度かあったのでよく分かるのですが、あたりまえなんですけど私達と同じなんですよね。

ただ誰もが持っている他の人と比べると劣っている部分が表面に出ているか否かの差なんですよね。
障害を持っているから結婚は認められないなんて、心が狭い人が言う言葉だと私は思うのです。そんなことで結婚できないなんてそんな人とは別れてしまえばのです(それは言いすぎ…)

とにかく、私達はその差を許容できるぐらいの懐は持ってもいいのではないのかなぁ… と思いました。
2007.11.20 20:31 | URL | #1Cm5Xbjo [edit]
海月 真璃亞 says... ""
ありがとうございます。
今日やっと金属を外すことができました。とっても痒いし、痛いし、腫れているしで、正直まだ辛いですが、これ以上悪化することは無いのでよかったです・・・。

>誰もが持っている他の人と比べると劣っている部分が表面に出ているか否かの差なんですよね。

はい、私もそう思います。
学校にいる人は、皆素直で、嘘がない子達ばかりです。自分に正直な子が多くて、嫌なら嫌、好きなら好きがはっきりしています。外にでると、何かと「本当はどうおもっているのか」がわからない人ばかりで、それを考えると、この学校に居る人たちはとても素直で純粋な人ばかりだと思うのです^^

>障害を持っているから結婚は認められないなんて、心が狭い人が言う言葉だと私は思うのです。

私自身も色々と考えてみました。
でも、仕方が無いようなことにも思えるのです。親は、やっぱり自分の子供が苦労して生きるよりは、幸せに生きてほしいものですよね。だから、わざわざ苦労する道を選択する姿を見ていられないのだと思います。それは、決して障害者を非難するわけではなく、ただの純粋な親の愛なのかもしれません。そう思うと、それもまた仕方のないことのような気がして、しょうがないのです。
>>>フィアナさん

ありがとうございます!
よほどの重度の子でないかぎり、確かに社会では『同じ枠』で見られるんだと思います。厳しい現実も多多あるんだと思います。時には自己嫌悪に陥るだろうし、ブログも荒れ?ることもあると思います。でも、私は決して努力だけは欠かさず、そして諦めてしまうことだけはしないように頑張って行こうと思っています^^

結婚も・・・それなりに大変でしょうね。
絶対に壁がないで結婚できるだなんて、思っていないですが(汗)でも、そう言ってくれる人に当たっても、当たらなくても、頑張っていければ・・・と思います☆

しかし、結婚なんてまだまだ先かもしれないですけどね☆
>>>masaさん
2007.11.21 13:37 | URL | #FYNxDbdY [edit]
時雨沢改め時雨咲 says... ""
俺の爺ちゃんは小児マヒで障害者と呼ばれる人だった。
けれども婆ちゃんはそんな爺ちゃんを愛した。
爺ちゃんは強い心を持ってた。
婆ちゃんはそこに惚れたのだと俺は思った。

あれ?前文関係ない?キニスンナ(オマ

そういえば小学生のときに障害者の友達が一人居たような記憶がある。

少し勉強できないぐらいだと思ってみんなと同じように遊んでたような感じがするなぁw
まぁその友達中学のとき沖縄に転校しちゃったわけだが。

まぁその友達は思いっきりいろいろとやってたわけだb


お誕生日プレゼントつながらなかった(´;ω;`)
2007.11.21 22:59 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akuinakiyuugi.blog98.fc2.com/tb.php/126-953b1f8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。