花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なあなたへ

Posted by 姫璃 on   0 comments

人の出会いとはなぜ
こんなにも唐突で、嬉しいのでしょう。
家族とは違う思いが私の中に存在したとき
私は戸惑い、悩み、でも嬉しくて。

気付かないで侵した過ちを貴方は
笑って許してくれたこと。
時にお互い頑固になって、しばらく口を
きかなくなったとき、苦しかった。

一人泣いて泣いて苦しんだとき
「どうしたの?」って心配そうに
聞いてくれたこと。

私はそれが当たり前になっていなかっただろうか?
怠慢になっていなかっただろうか?
互いに大事な何かを忘れたとき
小さな亀裂が私たちを襲った。

悲しみは涙に代わって流れてゆくというのに
人は明日を歩んでいく

道が別れたそのとき、私も貴方もわかっていたはず
互いに互いを失うことの寂しさに。

どうか。
愚かだった私を許してください。
本当はずっと言えなかったことがこの胸を占めて
私は涙がとまらないのです。

大好きです。感謝しています。
私の傍にいてくれたこと。味方であってくれたこと。
愚かな私を許してください、私の最初で最後の

"大切なあなたへ"

スポンサーサイト

もう前に進むだけ。

Posted by 姫璃 on   0 comments

今日で、三年と二カ月務めた部署での仕事が終わりました。
来週から、新たな部署での歩みになります。
三年と二カ月の間、自分が失敗したことや過ちを、
繰り返さないように一生懸命働いていきたいと思いました。

私が異動を言い渡されてから、上司は一度も私の顔を見ること
はありませんでした。ただ、泣きそうな声をして、最後に
「ゆっくり養生してね。がんばってね。」と言ってくれました。

私は、私を思ってくれる人に報いることができませんでした。
それは、私に勇気が足りなかったり、経験不足だったり、
努力が足りなかった結果だと思いました。

それでも、勇気を振り絞って頑張っていかなくてはならないと
思いました。
いっぱいいっぱい叱られたり甘えたりしてしまったけれど、
私にとって、大事な上司でした。

帰りの電車で、またボロボロ泣きました。
家に帰っても、また泣きました。
でも今日は、いっぱい泣いて泣いて、来週からは自分の
気持ちを必死に切り替えて頑張っていかなければいけないから。
いっぱい人から得て、かわりに大事なものを失いました。
だから、もう前に進むだけなのです。

ただ、涙がでました。

Posted by 姫璃 on   0 comments

一週間ぶりに会社に出社し、自分の病状のことや
精神的に苦痛に感じている面(今まで伏せていたこと)を
会社の管理職の方にお話ししました。

定時前頃に、7月から今の部署から隣の部署へ異動
することが決まりました。
体調不良のせいで、長くお休みを頂いていたため、
クビを言い渡される覚悟をしていましたが、今の部署に
いるよりは、違う部署で療養を…という会社からの
配慮を頂きました。

その話を受けて、帰りの電車で恥ずかしいことに
ボロボロと泣きました。嬉しくて。悲しくて。

嫌味を言われたり、無理な仕事を言われたりする
毎日からの解放と、会社のトップの方々に、辞める
よりは残ってほしいという形で異動を頂いたことに
対する感謝・喜び。

そして、長い間自分を成長へと導いてくれた上司との
別れという悲しさ。

両方の気持ちが胸を襲って、ただただ、私は泣いていました。
ずっとずっと、自分が上司の期待に添えるような仕事が
できていなかったことに対する憤りを感じる中で、
不平不満を言うことで傷つけることもしたくなくて、
でも、自分の体は悲鳴を上げていて…。

ただ自分が情けなくて。悲しくて。やるせなかった。
上司も今、悲しんでいるかもしれない。
そう思うと、苦しいけれど、私の体がもう言うことを
きかなくなってしまった以上、私はもう上司の傍で働いて
いくことができない。

でも、私は上司を嫌っていない。
ここまで自分を育ててくれたのは、自分がここまで成長できたのは、
今の上司のおかげだから。尊敬しているし、大好きだ。
期待にこたえ続けることができなくてごめんなさい。
きっと今、上司が一番苦しんでいると思う。

私は今、とても沢山泣いているけれど、その苦しさも悲しさも
全部受け止めて、教えてもらったことを忘れないで、次の部署でも
頑張っていきます。(それに、同じ社内だもの!)

私は人を信頼するということができない子かもしれないけれど、
尊敬し、ただ一人認めた上司は今の上司だけ。
こうして涙が流れる人も上司だけ。

今まで、ありがとうございました。

信じるということ。

Posted by 姫璃 on   0 comments

誰かに愛されたいと願うほど、空回りしてしまうなら。誰かを愛しながら、愛される方がきっと早くに愛してもらえるでしょう?

だから、みんな何かを信じようとしてるのかもね。

人の善し悪し

Posted by 姫璃 on   0 comments

人間に善し悪しってあると思いますか?
私は正直、ないんじゃないかなって思ったりするんです。
犯罪者を悪くないとか、人を傷つけることが良いと言うわけ
じゃないんですけどね。

生まれてきてから今にいたるまで、人に優しく接してもらったり
恵まれた環境に育っていれば減らせた行いとか
一人一人の価値観で決められた善悪とか

そんなものでその人を計らなければ、人間に善い悪いなんて
基準はなかったんじゃないかなって。


戦争する側同士は互いに正義だと思って戦うように。
何かが悪いのか?そういうわけじゃなくて。
上手く言えないのだけれどね。

人に善いも悪いもあるのかなって。
そう思ってしまうわけなのです。


背中合わせの私と上司

Posted by 姫璃 on   0 comments

私と上司は正反対だ。これでもかってくらいにだ。お互いの弱みを知ってるから、見せないために必死で、互いが見えないんだろうなって思うの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。