花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃の私

Posted by 姫璃 on   0 comments

もうすぐで四月。
新しい旅立ちの日の為に、今日は衣装棚の大掃除。
あまりにも長い間、使用していなかったから。
祖母と一緒に大掃除。

そこには、幼稚園の頃の思い出の品や。
中学の頃の難しかった勉強の一部が垣間見れた。
そう言えば、あんな頃が自分にもあったな。なんて
そんな風に懐かしく見ていたら。

「手が止まってるわよ。」と
祖母が笑いながらこちらを見ていた。

ゆっくりと流れているように思っても
時は経つんだなぁ。

でも、私にとっての大切なものは
ちゃんとちゃんと、残っていたなぁ。
制服とも、今日でお別れ。
処分するのはちょっと寂しかったけど。
今度の新しい世界の為に
さよならを言った。
そして、ありがとうを言った。

スポンサーサイト

失恋の足音(あと)

Posted by 姫璃 on   0 comments

あの日
私はただ泣く場所を探して
あの公園のベンチに座ってた。
深夜のベンチには私一人なのに
これっぽちも泣けやしなくて
そんな私に私は笑ってたっけ。

失恋って感じはまったくなくて
いつも通りの貴方が
無言で告げた言葉は
テレビのCMのように
ただ流れていただけで

気持ちも、妙に落ち着いちゃってるのに
なんだろう、なんていうか
悲しいより、ちょっと寂しい。

終わっちゃったんだから。なんて
頭じゃ理解してても、体は追いついてない。

わかってた。
私はちっとも、いい彼女じゃなかった。
いつもオドオドするばかり。
いつも嫉妬してばかり。
勝手気ままでワガママばかり。

でもただ一つ。
やっぱり貴方は大好きだった。
こんな私だったけど
やっぱり貴方は好きだった。

だから言うよ。
ありがとう。さようなら。

春と涙の卒業式

Posted by 姫璃 on   1 comments

今日は、私たちにとって
待ち焦がれていたような
縁遠くあって欲しかったような
学生最後の卒業式だったね。

私は泣かないんだ。
そう思っていたのに、初めて泣いた。
この三年間には、何一つ悔いがなくて
楽しかった思い出ばかり。


何度も泣いて、何度も笑って。
なんて輝かしい日だっただろう。
みんな、ありがとう。

みんなと別れるのがさびしくて。
泣いちゃう私を許してね。
そして、全力でこの学生生活を終えた喜びに
泣いてしまう私を許してね。

言葉では言い尽くせないくらい
たくさんの想いがあったね。
ここまで来るのが長くて長くて
みんな何度もジレンマしてたね。

いざ来てみると、寂しくなって。
学校を出てしまうのが寂しかった。
応援してくれた母も、先生も、みんなも。
みんなみんな大好き。

みんな、ありがとう。
また、会おうね。
きっとだよ。

春の帰り道

Posted by 姫璃 on   0 comments

暖かいこの日は
春の匂いがした。
明日は卒業式だからさ。
もうこの道を通って帰るのは、今日で最後だね。

そんな事言いながら、友人と帰った。
お互い少し喋っただけで、何時も通り。
でも、私もあの子も一番分かってる。

『下校』なんて、もう最後だってこと。
頻繁に会えなくなることも。
今の世の中、メールもあるし。
土日に遊んだりしようねとか。
そんな話ばっかりだったけど。

本当はやっぱり、少し寂しかったね。
だから、どうとも言えないけどね。
明日の卒業式は、悔いのないモノにしようね。

先生×別れ

Posted by 姫璃 on   0 comments

素直じゃなかった私たち。
きっと沢山困らせた
きっと沢山悩ませた

先生、今までありがとう。
明後日には去ってしまう私たち。
でも忘れないでいてほしい。

素直じゃない私たちだけど。
ちゃんとわかってたよ。
先生の言ってること、ちゃんとわかってた。

それでも、素直になりきれなくて
反発していた私たちの事
苦笑いしながら見ててくれてた先生の事。

私たちきっと忘れないよ。
だから、ずっと元気でいて下さいね。
そして、忘れないでいて下さいね。

卒業まで@3日

Posted by 姫璃 on   0 comments

色々あったね。
ついこの間入学したかのように思えるのに。
なんだろうね。ちょっと切ない。
今日は教室の大掃除をした。

新しい三年生を迎える後輩の為と
新しい門出を綺麗に飛びたつ私たちの為。

出会いと別れの季節が来るね。
仲が良かった皆と別れて
新しい出会いを迎えるよ。

でも、永遠の別れなんかじゃないよね。
きっとまた会えるはず。
卒業式は泣くのかな。
期待で心踊るのかな。
複雑だね。

でもきっと、悪い未来じゃないから。
頑張ろうね。一緒に。

涙声

Posted by 姫璃 on   0 comments

三年前の今日は
今よりもまだ、少し寒くて
青ざめた空に揺れた  薄紅色の花ビラ
不安と期待を表すみたいに

君と初めて 目を合わせてから
この三年間。
今までずっと一緒だったね。

今日は昔よりも少し
鮮やかな青空で  泣いてしまいそうだよ。
君と見た、沢山の日々が
こんなにも大切すぎて


上手くいかないことは
私たちが思うより、沢山で
泣いてしまう日だってあった

それでも、堪えたその涙を
笑う人は誰もいなかった。
そんな優しい時間が、途方もなく
ずっと続くと思ってた。

三年後の今日は
そんな気持ちとは裏腹に
澄みきった空が見えていて
私たちは別れに涙声で
「元気でね。」と呟いた。

桜が咲いたこの日
手にした一枚の紙切れが
私たちの翼ではなくて

私たちが過ごした  三年間の時こそが
大きな翼であるように。
ずっとこの胸の中で…羽ばたかせていこう。

三年後の今日は
涙声のままで
君と過ごした  この時間を
ただずっと、抱きしめてる。


そして三年後の未来は
あの日よりもずっと
大きな翼を 君と一緒に羽ばたかせていよう。
あの時の笑顔のままで…


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。