花とみらい

あなたの輝く笑顔が、ずっとずっと続きますように。

スポンサーサイト

Posted by 姫璃 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blue blue

Posted by 姫璃 on   3 comments

こんなBlueな空の下で、小さな体一つ、奮い立たせる君。

真っ赤なレインコートを着て歩く、ちょっと強がりな君。

こんな不思議な世界が
君と不釣合いであるかどうか。
確かめる勇気を願うけれど。

空を焦がした夕闇に
君の影一つ、空に届かない。
「嗚呼、今日もか。」なんて、笑いながら帰る君

そんな君が僕にとって、世界で一番愛おしいんだ。

スポンサーサイト

月と太陽

Posted by 姫璃 on   0 comments

ねえ、君は今何を思って
僕に手を差し伸べたんだろう。
この世界の片隅で小さくうずくまる僕に
どうして手を差し伸べたんだろう。

どんなに考えても答えは出ないまま
君が向ける笑顔に微笑み返すたび

ねえ、もし僕が太陽のように
輝いていたならば
僕の傍に君は居てくれたのかな?
そんな風に思ってしまう



ねえ、君は今何を思って
僕の傍から消えていくんだろう。
この世界で月のような僕に
太陽のような君とは
いつも追いかけ合うのに触れあえない
そんな関係なのかと思ってしまう

そんな弱気な僕に
何も言わずにそっと抱き締めた君が
酷く震えていたことを知っている。

呟いた言葉も
この時の中では薄れてゆく雪のよう
移り変わる時代に取り残されるように
君も僕も動けないまま…


まるで月と太陽だね
僕らの歩む道は異なってしまうから
傍に居てほしいと願ったあの日の
切なく求めあう気持ちを
忘れたくないと願うのに

歩んでしまう、君も僕も
離れてしまう、この体温も
月と太陽のような僕らの明日には
もう君はいないだろうから

今少しだけ、傍に居させてよ



バレンタイン&米粉ぶぅむ?

Posted by 姫璃 on   2 comments

皆様、こんばんは☆
そしてお久しぶりです~w
バタバタと日々過ぎて行き、残すところ在学も23日となりました。
最近は梅も咲き始めて、春も近いと思うばかり。ポカポカ陽気になりつつありますね。さて、ここで皆さんはバレンタインの話をされていたので、ちょっとだけ。

私もバレンタインチョコを作りました!
友にでもあり、ちょっと秘密でもあり…まぁ、色々です
担任の先生へも、感謝の意を込めて一つづつおすそ分けしました。去年も作っていたので、恒例のようなモノですね^^

建国記念日の前日に、チョコの包装を買おうと包装専門店に行ったのですが、専門店にも関わらずバレンタインデーの包装が少ししかありませんでした(・-・)

実は、あるだろうと思って行ったので、どうしようかと真剣に悩み、一か八かで100円均一のあるスーパーに行ったところ、凄いバレンタインブームで商品棚には山のようなチョコレート、型、包装紙、リボンだの沢山のバレンタイングッズが売っていました。正直これにはびっくり。。。

しかし、一気に救われて(&経済的にも。)そこで大量買いをして、建国記念日に大量生産致しました。何せ、仲のいい友達&先生&クラスメイト&ゴニョゴニョという量なので、凄いものです。大量です。何はともあれ、喜んで貰えたので何よりです

友達からお返しチョコがポロポロくるのですが、ちょっとづつ頂いています(==
あ、もちろん女友達からですよ。


さて、話は変わりますが、最近【米粉】が流行っているとか?
ニュースでやっていました。ちなみに今日の昼食がその米粉を使ったパンで、食べたのですが、結構もちもちとしていました。でも、パサパサもしていたような…気がします。

これに、メープルやチョコレート、クリームなどとの組み合わせが最高なんだそうですよ?ぜひ機会があったら試してみたいものですね(*ノ∀`*)

体重計と相談しながら(´-ω-`)・・・Zzz

嵐の前の静けさ。

Posted by 姫璃 on   2 comments

最近本当に忙しい。
冗談抜きで。
卒業するのって、こんなに大変だったんだなぁ。去年の三年生を、私はよく見ていない。先輩とかって、階も違うし、良く見る機会もないんだよね。まぁ、そんなこんなで…。今その事を痛感しているわけですね。

卒業も本当に間近…。
自分としては、自分の成長をあまり感じないのにね。
四月一日からのお仕事はどんなんだろう。
色々考えたりする、私です。

前の週は、ハードで自分の余裕が消え去り、家で泣きが入るほどでした。だって、忙しすぎるんですもの。一日中、走り回るような日が続いているのに、疲れ極まって眠れない日々も続いていたし。睡眠がどれほど人の人格を保っているのか実感できたくらい。睡眠って大事ですね。

そんなハードな今週が終わっても、待つのは更にハードな来週。
土日ゆっくり寝たとは言え、真っ青になりそうな日程です。
来週は居残る日が三日あります。部活を入れれば四日ですね。水曜日が祝日だとすると、丸々一週間居残りです。本当にどうかしている日程ですね(笑)

家に帰るのが七時…を覚悟しなければいけないようです。
私としては、早く家に帰りたいところなのですが…(´-ω-`)・・・Zzz
と言うわけで、明日からの忙しさに震えながら、今日の休日をまったり?と過ごしています(笑)


この空の何処か向こうに

Posted by 姫璃 on   0 comments

この空の何処か向こうに
私たちの愛した街がある
この青い空の向こうには、私たちの知らない
何かがある。

私たちの未来のように、無限で広大だ。
時にその自由が怖く感じることがある。
それは決して臆病なんかじゃない。
こんな大きな世界の中で旅をする君は
とても偉大な存在だから。
ずっと自信を持ってほしい。




人は時に目に見える世界だけを全てに思う。
でもそれは決して違う。君の意見を嫌う人間が例え周りに居ても。
世界中の99%の意見なんかじゃない。星のような数の人間のうち。
たった数人が反対しているだけなのだと思えば。
君の進む道もあながち間違いではない。
人生に間違いなどはない。過ちも喜びも、君にとって必要なモノだ。
後悔したっていい。後悔のしない人間なんていやしない。
これからを生きればいい。
君が君であればいい。


そして時には振り返ってみて
悲しみだけじゃない何かを知ろう。
そうすればきっと、君もこの世界を好きになれるはず。


この空の何処か向こうに
私たちの愛した街がある
この青い空の向こうには、私たちの知らない
何かが、きっとあるから。

【優希】今日はとってもイイ天気。【璃莉】

Posted by 姫璃 on   0 comments

皆さんこんにちは~(優希&璃莉)

優希「今日の東京はピーカン晴れだね
璃莉「うんうん。こんな日はお出かけ日和だよね。今日は温かいし・・。」
優希「・・・そ、そうだね。(こんな日は洗濯がよく乾く…んだけど、ま、いいか。)」
璃莉「ねぇねぇ、優希?最近は凄く忙しそうだったけど…今日、明日ぐらいはゆっくり休んでね。」
優希「うんうん…。最近ほんとハードスケジュールだったからね。でも、二月も忙しそうだよ~」
璃莉「それで、そんな感じで二月が終わったと思ったら、もう卒業しちゃうんだもんね。」
優希「うん。なんか時が経つのは早いよね。」
璃莉「…時が経つのが早いと言えば…。優希と璃莉も一緒になってずいぶん経つよねっ。」
優希「そうだね。最初璃莉と会った時は…。」
璃莉「・・・・!会った時は?」
優希「…・やっぱ何でもないよ/////」
璃莉「も~!妙なとこでテレるんだから。」
優希「あはは。」
璃莉「でも、三月の終わりは二人でゆっくりしようね
優希「うん^^」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。